ALS患者のつぶやき日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 下関市 重度障害者コミュニケーション支援事業(^v^)&入院中の難病ヘルパー解禁 厚労省方針(^-^

<<   作成日時 : 2016/02/18 19:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

下関市 重度障害者コミュニケーション支援事業(^v^)&入院中の難病ヘルパー解禁 厚労省方針(^-^)

下関市市民対象  1、創設年月日  平成27年12月1日
2、対象者
次の要件を全て満たす方(ただし、施設に入所中の方及び就学前の児童については対象外。)
・居住地が本市の区域内にある方
・重度訪問介護、居宅介護又は行動援護のサービスを現に利用している方
・発語困難等によりコミュニケーションに対する支援が必要と判断される方
・単身世帯またはこれに準ずる方 ☆詳しくは、以下のホームページをご覧下さい☆
 http://www.city.shimonoseki.lg.jp/www/contents/1448504668619/index.html

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

入院中の難病ヘルパー解禁 重度障害に意思疎通支援 厚労省方針、18年度から
行政・政治 2016年2月8日 (月)配信共同通信社

 厚生労働省は6日までに、筋萎縮性側索硬化症(ALS)のような難病の患者や、
事故で脊髄に損傷を負うなどの重度障害者について、
現在は認められていない入院中のヘルパー利用を解禁する方針を決めた。
声が出せず、体も動かせないことで意思を伝えられない人が多いため、
ヘルパーを通じて看護師とのコミュニケーションを図り、安心して入院生活を送れるようにする狙いだ。
厚労省は、今国会に提出予定の障害者総合支援法改正案に見直しを盛り込む。
早期成立を図り、2018年度に実現したい考え。
障害福祉サービスのうち、体にまひがあり常時介護が必要な難病患者や重度障害者の自宅を
ヘルパーが訪れ長時間ケアする「重度訪問介護」を、一時的な体調悪化などで
入院した場合でも使えるように見直す。ヘルパーは利用者を見守り、意思や体調、
容体の急変などを病院側に伝える役割をする。食事や入浴、寝返りの介助などは現状通り
看護師らが担当する。重度訪問介護の利用者は約1万人。(引用)ヾ(^v^)k

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

写真ー西部警察2月カレンダーヾ(^v^)k
今年は、俳優さんが、メインのカレンダーヾ(^v^)k

画像

画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
下関市 重度障害者コミュニケーション支援事業(^v^)&入院中の難病ヘルパー解禁 厚労省方針(^-^ ALS患者のつぶやき日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる