アクセスカウンタ

プロフィール 写真 アイテム

プロフィール

プロフィール
ブログ名
ALSを、ハート元気に生きるへ(^-^)/
ブログ用ニックネーム
Kazu

自己紹介

ALSって、難病知ってますか\(◎o◎)/!
筋萎縮性側索硬化症と言う正式名で、ALS通称名です。
全国に患者1万人居ますが、少ない為知ってる人少ないです(;_;)
多くの人に知ってほしい為、伝えたい事書き始めました。

▼ ALSは、運動神経が選択的に変性・消失し、四肢、呼吸、発語、嚥下等に関する筋力の低下と
筋萎縮が進行性に起こる原因不明の神経変性疾患で、病勢の進展は、比較的早く、
人工呼吸器を用いなければ生存期間は通常2〜5年と言われています(個人差が非常に大きい)。 
☆進行遅く、呼吸器着けていなく20年生きている人も居ます。
☆私は、支援者居ればALS普通に生きれると思います。 
日進月歩。ラジカット、治療出来るようになりました。
マイボイス、視線入力、HALあります。ips細胞開発を、信じて治療法確立まで待ちましょう☆
 ☆プラス思考で、ハート元気に(^-^)v
障害者や健常者寄り添い生きられる社会が、良いです。
日々お世話になってる、看護師さん、ヘルパーさんスタッフの方達に感謝します。ありがとう。
      。. : * : ・ ' ゜。. : * : ・ '。. : * : ・ ' ゜。. : * : ・ '
■A酒さ しゅさ皮膚疾患名増えた(^O^;
「酒さ(酒さ性ざ瘡)は,顔面紅潮,毛細血管拡張,紅斑,丘疹,膿疱,および重症例での鼻瘤を特徴とする慢性炎症性疾患である。診断は特徴的な外観および病歴に基づく。治療は重症度に応じて異なり,メトロニダゾールの外用,抗菌薬の外用および内服,まれにイソトレチノイン,重度の鼻瘤に対する手術などがある。
酒さは30〜50歳の色白の患者に好発し,アイルランド系および北欧系の人々で最も顕著となるが,皮膚の色の濃い患者にもみられ,そのような患者ではあまり認識されていないと考えられる。
酒さの症状と徴候
酒さは顔面および頭皮に限局し,臨床像は以下の4期に分けられる:
酒さ前駆期(pre-rosacea phase)では,患者が当惑するほどの紅潮と赤面がみられ,しばしばチクチクする不快な感覚も生じる。このような発赤の誘因としてよく報告されているものには,日光曝露,精神的ストレス,寒いまたは暑い気候,アルコール,香辛料の効いた食品,運動,風,化粧品,熱い風呂,熱い飲み物などがある。これらの症状は,本疾患の他の病期を通じて持続
血管期(vascular phase)では,顔面に多発性の毛細血管拡張を伴う紅斑および浮腫が生じるが,これらは血管運動の不安定性が持続することが原因である可能性がある。
炎症期(inflammatory phase)は,しばしば血管期に続いてみられ,無菌性の丘疹および膿疱(このため,酒さは成人にきびとも呼ばれる)が発生する。
進行期(late phase)(一部の患者でみられる)は,頬部および鼻に生じる粗造な組織の過形成(鼻瘤)を特徴とし,これは組織の炎症,コラーゲン沈着,および皮脂腺の過形成が原因である。
酒さの病期は通常は連続的である。しかしながら,初期の段階を飛ばして直接炎症期に進行する患者もある。治療により酒さの病期が早期の段階に戻ることがある。進行期への進行は必ず生じるわけではない
眼型酒さ(ocular rosacea)は,しばしば顔面の酒さに先行するか顔面の酒さと同時に発生し,臨床像としては,眼瞼結膜炎,虹彩炎,強膜炎,角膜炎が種々の組合せで併発し,それらにより眼のそう痒,異物感,発赤,および浮腫を来す
患者に紅潮と赤面がみられ(チクチク感の有無は問わない),日光曝露,精神的ストレス,寒いまたは暑い気候,飲酒,香辛料の効いた食品,運動,風,化粧品,熱い風呂,または熱い飲み物がしばしば誘因となっている場合には,酒さを考慮する。
酒さの診断は典型的な外観による(例,顔面中央部に紅斑および浮腫がみられるほか,膿疱,丘疹,または多発性の毛細血管拡張を伴うことがある)。
酒さの治療は誘因の回避による;重症度に応じて,抗菌薬および/もしくはアゼライン酸の外用,抗菌薬の内服,またはイソトレチノインによって炎症を治療する
      。. : * : ・ ' ゜。. : * : ・ '。. : * : ・ ' ゜。. : * : ・ '

■B神経根症
☆腰の@とAの骨と、CとDの骨が変形して、隙間が無く、くっいていており、
神経が当たり、痛むそうです。2016年10月
左腰から、足先痛く、静養必要。
        。. : * : ・ ' ゜。. : * : ・ '。. : * : ・ ' ゜。. : * : ・ '
■C喘息 生まれて、間もなく小児喘息発症。
明治時代に富国強兵政策のもと、北九州に官営八幡製鉄所が設立され、日本の近代化の拠点となったのはご存じの通り。その後、北九州には製鉄、化学、機械など重厚長大産業の工場が密集し、「4大工業地帯」の1つと数えられた。
?だが、戦後になって高度経済成長の波に乗り繁栄を謳歌する一方で、公害という深刻な病いに侵されることになった。
?林立する煙突からは煤塵、煤煙、亜硫酸ガスなどが吐き出され、周辺住民の上に降り注いだ。ぜんそくや扁桃腺炎にかかる住民があとを絶たなかった。

※喘息、ALS、神経根症、酒さ しゅさ4つの病気負けないへ(^-^)/
時を刻む時間、大切にへ(^-^)/

zoom 新着記事

タイトル 日 時

ブログ連携

フレンド一覧 »
サークル一覧 »
地図付きブログ一覧 » 日本地図 | 世界地図

ニコッとタウン

ALSを、ハート元気に生きるへ(^-^)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる