ALS患者のつぶやき日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 尊厳死の法制化について

<<   作成日時 : 2012/04/13 21:30   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

尊厳死の法制化について

私のぼやき。
2012年2月7日 - 自民党の石原伸晃幹事長は6日のBS朝日の番組で、
高齢者の終末期医療でおなかの 外から直接胃に管をつないで栄養を
補給する「胃ろう」を受ける患者に関し、
「映画で、 寄生したエイリアンが人間を食べて生きているみたい」と述べた。

エイリアン発言に抗議文送った。
高齢者は、戦争をくぐり抜けた人たちを大事しないといけないのに。
財政難を高齢者に、押しつけて!

尊厳死法制化に反対!
リビング・ウィル(延命治療をしない)書かされ、人工呼吸器着けられなくなる。
新前ALS患者さんの生きる気力を奪う権利は、誰にもない!

人工呼吸器装着していても、生きてるのに財産分与否定される。
まあ〜私は、生活保護で、生活してるから良いけどね(^-^)v

母の葬儀に参列して、人は、死んだら灰になる。
生きてこそ、人です。ALS患者思考能力ある。
辛さはあるけど、前向きに生きようぜへ(^-^)/

ちなみに今日は、亡き父の誕生日。介助者さんから、教えて貰った┗(-_-;)┛

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
人工呼吸器を装着するか、否かは患者の決断が優先すると思いますが

>リビング・ウィル(延命治療をしない)書かされ、人工呼吸器着けられなくなる。

こんな誓約書の様な決まりが有ったんですか?
私は初めて知りました。
呼吸器を装着するか、しないかは患者自身でも、相当の熟慮の末の
判断だと思います、昨日までは、呼吸器装着をしないと決めていた
患者さんが、一夜明けたら考えが変わったと云う事も有ると思いますが
一度リビング・ウィルを書面にすると、変更が出来ないのは
少しばかり乱暴な話だと思います。一体此れは誰が決めたのか?
厚生労働省の役人か、其れとも、医療に携わる人間か、医師か?

ヒサオ
2012/04/14 17:03
かずさん、リビング・ウィル=呼吸器を付けられない?
それはちょっと違うと思います。書かせられるということがないし、意識がなかったら、どうしてほしいという意思表示です。
ただ、難病の方の介護状況によって、生きて行きたいか、
それとも死を選ぶか、考え方が違ってきます。
だから、法律化する前に介護の環境を整えるべきだと
思います。
法律化して人間セレクトしようとしたら、日本の恥です。
アンナ
2012/04/14 21:11
ひさおさんへ
リビングウィル怖いです。難病患者だって、
治療受け生きる権利あります。
かず
2012/04/15 16:20
アンナさんへ
リビングウィルは、治療中止の意味です。
法制化する前に、介護環境よくしたいですね。

私は、単身者で生活保護で、生活してます。
医療のモデル。失敗繰り返しだけど頑張ります!
地域医療の頑張ってます。
介助者さんが頑張ってますね。
かず
2012/04/15 17:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
尊厳死の法制化について ALS患者のつぶやき日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる