ALS患者のつぶやき日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 独居は、危機感がないと踏ん切りつけにくい☆

<<   作成日時 : 2015/08/16 21:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

独居は、危機感がないと踏ん切りつけにくい☆

親は、先に逝く。子は、先のこと考えて。
親は、子の将来を考えて一人歩き出来るようにするのが役目。

日記纏め
8月3日。Sさんに、リンデロンやプロペト何処に塗るか事前に教えた。
Sさんから新訪問看護ステーション看護師さんに、伝えて貰いました。回路交換しました。
引き続き短く、御免なさい。
 4時。振り替え、リハビリ。Yさんに来て貰いました。

6日。4時。2人介助者居るときに、半日外出準備を頼みました。

7日。9時半前に、訪問看護師さん、来ました。処置終わりました。
洋服の着替えを、手伝いして貰いました。
 早めに、昼食しました。
12時前に、介助者1名来ました。移乗して、出発\(^-^)/ 高速道路で、行った。
山口市セミナーパーク何度も来たことあるけど、広大な敷地の広さに吃驚( o_o)
何処に車止めて良いか、Mさんの携帯にかけて尋ねました。会場の講師控え室で、待機。
『山口県相談支援従事者初任者研修』の中の、障害者相談支援事例で2人当事者として
15分づつ話します。 全盲の女性も、話します。その人の話を聞きながら、出番まで待ちました。
 M講師と、介助者2人とステージに上がりました。介助者さんが、原稿を代読しました。
少し、介助者さんと口文字をしました。Mさんが、「ネットで、ブログ検索して下さい」と宣伝して貰いました(o^_^o)
Mさん、想いを伝えること出来ました。ありがとうございましたm(_ _)m

8日。12時。介助者さん、来ました。着替えや移乗して、出発\(^-^)/
会場に、到着\(^o^)/駐車場を、探しに時間かかりました。
『8.8検証集会』虐待あった施設の事の集会に、参加しました。
途中で、帰りました。


12日。回路交換。訪問看護師さんに、相談しました。看護師さんから、S院長に指示仰ぎました。
痰が多いけど、取れず眠れませんでした。
 3時。リハビリ。      
4時。今度、初外出で移乗の仕方練習した。
 介助者さんから、研修の宿題の質問に答えました。

13日。お盆☆ 亡き両親に、感謝です☆ 最近、朝両親の夢みます☆

14日。今朝、眠れた。
9時から、5時まで新人Mさん初同行。。
2時にリハビリあると思ってた^-^; 介助者さんが、ズボン無いと言った。
笑いながら、口文字で「リハビリ無い。月曜に、振り替えした。忘れてた」と言った(汗)
口文字を説明して、同行者と練習した。 次までに、50音を横に言えるように覚えてねと、言った。
最初に、口文字を覚えてね。
  20時過ぎに、介助者さんから、ガスコンロの火が点火しないと。
お盆で休みかな?と思いつつ、電話しました。 

15日。9時半、入浴(⌒‐⌒)
ガス屋さん、来ました。来て貰い、ありがとうございましたm(_ _)m

  。. : * : ・ ' ゜。. : * : ・ '。. : * : ・ ' ゜。. : * : ・ '

☆新訪問看護ステーションのスタッフさん、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

 私は、ALSよりも喘息発作が怖いです。
今年、オルベスコ吸入薬(喘息)の回数増えました。

写真ー2015年8月 西部警察カレンダー

画像

画像

画像

画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
独居は、危機感がないと踏ん切りつけにくい。
そうかもしれないが、私に言わせれば、
独り身でいれば踏み切りやすいし、市町村に
認めやすいです。家族は介護をするべきだと
いう日本の根強い考え方はバリアに
なっています。
かずさんが考えている危機感って何?
景気回復とともに介護の人手不足は益々深刻になってきました。ヘルパーさんが減ってくると最優先になるのは独り暮らしです。
ただそれにも限界も来る気がします。
人手不足で9月から外出を断られました。
一月のスケジュールを出しても、いくつも
穴を空きます。申し訳ございませんと
謝れるだけ。娘と二人暮らしを始めた頃、
そうはずはなかった。あれから8年、彼女が
介護をしないといけないのは当たり前に
なってきました。
同じような状況に置かれている家族は
沢山います。一人暮らししたくて、できない
人が沢山います。かずさんにわからないだけです。あなたの努力と勇気と感謝の気持ちで今の生活を続けられないと思います。かずに強いサポートがついているからです。それをどうか忘れないでくださいね。




アンナ
2015/08/23 14:51
ありがとう!
私も訪問看護も利用していますが、やはり
8年近く経つと、長時間利用する患者だと
儲けが薄い。特に介護保険ではない私だと
結構受け入れが難しいみたいよ。
筋ジスとALSの対応が違うし、特定疾患てもないので、色々と中途半端のところが多いです。専門の療養施設もあり、在宅したいといっても、施設を進められることが多いです。
娘を自立させたいなら、入所すればと何回も
役所に言われたことがあります。独居はただのわがままだと!
それは現実です。
アンナ
2015/08/26 21:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
独居は、危機感がないと踏ん切りつけにくい☆ ALS患者のつぶやき日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる